会社情報

コンプライアンス

企業行動規準項目

取引先・行政との健全な関係

私たちは、お得意先や仕入先などと、公正・透明・自由な取引を行い、政治・行政とは、健全な関係を保ちます。また、地域と良好なつながりを築きます。

お得意先や仕入先などとの取引においては、常に誠実な態度で、共存共栄の精神に基づき協議を尽くして取引条件を定め、これらの取り決めを遵守して、フェアな取引を行う必要があります。

法令や契約などに違反して一時的な利益を得ても、そのためにお得意先や仕入先、ひいては、社会の信頼を失ってしまっては、会社の存続さえも危ういものとなりかねません。

業務の遂行に当たっては、私たち一人ひとりが、「会社」の常識ではなく、「社会」の常識に従って判断しなければなりません。

政治家・公務員(公務員に準ずる者を含む)に対する対応も同様で、常に社会常識を意識して、節度を持った関係を維持しなければなりません。

また、企業市民の一貫として、社会・地域の発展に貢献できる活動を行います。

行動方針
1.公正・透明・自由な取引

法令や契約などを遵守し、常に公正・透明・自由な取引を行います。

2.不正な利益追求の禁止

違法な企業行動は勿論、不当な目的や手段による利益の追求は行いません。

3.節度ある接待・贈答

お得意先や仕入先との接待や贈答(冠婚葬祭を含む)などは、社会常識の範囲に留めます。

4.政治・行政との健全な関係

政治や行政とは、健全で透明な関係を維持します。

5.地域・社会との良好なつながり

地域・社会の一員として良好なつながりを築き行動します。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード