技術情報

デコレーション(印刷・塗装)

缶の印刷技術

金属缶への印刷は、被印刷物が金属で硬く吸収性がないため、オフセット方式で印刷されるのが主流です。
缶の構造によって2種類に大別され、3ピース缶及び2ピース缶のDR缶はシート状の金属板に平版を使用したシート印刷が、2ピース缶のDI缶・TULCは樹脂凸版(2ピース缶水なし平版印刷の項参照)を使用した曲面印刷が行われています。

缶分類 加飾形態 被印刷物 缶種 印刷方式
3ピース缶 シート印刷 金属塗装板 溶接缶 平版オフセット
2ピース缶 DR缶
曲面印刷 金属缶 DI缶・TULC・aTULC 凸版オフセット曲面
平版オフセット曲面
ラベリング PETフィルム TULC グラビア
(1)シート印刷
  • 製缶前の金属板(シート) に多面付けして1枚ずつ搬送し、シート印刷機(輪転オフセット印刷機)によって印刷する方法で、製缶ラインとは別の独立した設備です。
  • 厚み0.2㎜前後のぶりきやTFS(Tin Free Steel [錫を使用しない鋼板])の縦横1m程度の大板の内外面に塗装後、1枚ずつ搬送して1色ごとに刷り重ねていく方式で、塗装工程と印刷工程に分かれています。
  • 製造工程は以下の通りです。内面塗装 → 外面塗装 → 印刷(複数回) → 仕上げニス塗装 → 焼付け乾燥
  • 印刷下地としては、サイジング(メタリック感などを出すため金属の下地を生かす透明な塗料)と白さを際だたせるためのホワイトコーティングがあります。最終印刷の後、印刷面の保護・光沢・滑り性などを付与するため、仕上げワニスの塗装を必要とします。
(2)曲面印刷
  • 成形加工(製缶)後の2ピース缶(DI缶やTULC)の外面に1缶ずつ曲面印刷機で印刷する方法です。それぞれの色の版(樹脂凸版)に各インキが盛られ、そのインキを順次ブランケット(インキ画像を缶へ再転移させる媒体)転写し、その後全色一度に  印刷する方式です。
  • 成形から製品仕上がりまで一貫した自動ラインによって製造され、塗装・印刷工程もそのラインに組み込まれています。
(3)グラビア印刷ラミネート
  • PETフィルムにグラビア印刷したフィルムを成形缶にラミネートする技術です。グラビア印刷は凹版印刷(版の凹んだ部分にインキをいれて転写させる)であり、1色毎に乾燥して重ね刷りが可能であることから、幅広い階調(色の濃淡の変化や濃淡変化の滑らかさのこと:グラデーション)・濃度再現が得意な印刷方式です。
  • 写真調の再現をはじめ、鏡面に近いメタリック感やパール感などの多彩な再現が可能です。TULCにラミネートさせた「ラベル缶」を開発しました。

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード