技術情報

缶の分類

  • 1.缶はその構造により3ピース缶2ピース缶に分かれます。
  • 2.缶は使用材料の種類によりアルミ缶スチール缶に分かれます。
  • 3.缶は缶内の圧力により陽圧缶陰圧缶に分かれます。

2ピース缶と3ピース缶

主な缶は、(1)底蓋・(2)円筒の缶胴・(3)上蓋(飲料缶の場合、飲み口(開け口)の付いた蓋)の3つの部品からなる3ピース缶と、(1)底蓋と缶胴が一体となっている胴部・(2)飲み口(開け口)の付いた蓋の2つの部品からなる2ピース缶との2種類に分かれます。
また胴と蓋(底蓋・上蓋)を接合するために2重巻締という技術を用い、缶の外側と遮断・密封して中身を守ります。
3ピース缶は、長方形の缶用スチール薄板を円筒形に丸めて接合しますが、これには2つの方法があり、半田づけする方法と電気溶接する方法とがあります。
現在では、半田缶は市場からほとんど姿を消して溶接缶が主流です。
2ピース缶は胴部の加工方法により、打抜缶(DRAWN缶、DRAW&REDRAW缶【DR缶】;絞り加工缶)・DI缶(DRAW&IRONNING;絞りしごき加工缶)・TULC(タルク)(STRETCH-DRAW-IRONING;引っ張り絞りしごき加工缶)に分かれます。

2ピース缶と3ピース缶
構造 缶名称 成型・接合方法 主な金属材料
2ピース缶
(打抜缶)
打抜缶(絞り缶;DR缶) ドロー(&リドロー) スチール、アルミ
DI缶(絞りしごき缶) ドロー&アイアニング アルミ、スチール
TULC(タルク) ストレッチドロー&アイアニング スチール、アルミ
3ピース缶 半田缶 はんだ付けで接合 スチール
溶接缶 溶接で接合 スチール

アルミ缶とスチール缶

缶詰はその部品の材料にアルミとスチール(鉄)を使用しており、特に缶胴(円筒状の部分)の材質によりアルミ缶とスチール缶の2種に分かれます。
アルミ缶にはaTULC(アルミタルク)・ADI(アルミDI)缶・DR缶があります。スチール缶にはTULC・SDI(スチールDI)缶・DR缶・溶接缶・半田缶があります。
アルミ缶とスチール缶をグループ分けすると下図のようになります。

アルミ缶とスチール缶のグループ分け

缶飲料における内容物と容器の関係

  • 溶接缶(スチール)
  • DI缶(アルミ・スチール)

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード