技術情報

缶の作り方

DI缶の製造工程

DI(Drawing and Ironing=絞りしごき)成形によって作られる2ピース缶で、1958年にアメリカで誕生し、日本では1971年から広く使われています。
アルミニウム又はぶりきのコイル材をカップ形状に絞り加工(Drawing)し,さらに側壁を数段階のしごき加工(Ironing)で引延ばして缶胴を成形します。
主としてビールや炭酸飲料に使用され、一部のエアゾール缶にも使用されています。
ボトムは耐圧を得るためにドーム状になっており,全面印刷が可能です。
金属の延展性を利用した加工方法で、側壁を約0.1mmまで薄くでき,3ピース缶と比べて缶体を軽量化できます。特にアルミのDI缶は薄肉化と軽量化が可能で、最近の飲料缶では蓋の径をより小さくしたタイプが増えています。

2ピース缶(DI缶)製缶工程
2ピース缶(DI缶)製缶工程
1.アンコイラ コイル状の板材を延ばします。
2.ルブリケータ ルブリカント(滑り剤)塗布します。
3.カッピングプレス カップ状に打ち抜きます。
4.ボディーメーカ クーラント(潤滑剤)を使いながら絞り加工で缶胴を薄く伸ばし、底部の成形を行います。
5.トリマ 不要部分をカットし、高さを整えます。
6.ウォッシャ クーラントを洗浄し乾燥します。
7.コータ・プリンタ 下地塗装・印刷をし、ニスを塗り、乾燥・焼き付けします。
8.スプレーマシン 内面塗料を塗装します。
9.オーブン 塗装された塗料を乾燥・焼付けします。
10.ネッカ・フランジャ 缶口を絞り、縁を外側に出します。
11.内外面検査機 内外面の不良を検査します。
12.パレタイザ 缶をパレットに積み付けします。
ボディメーカーによる製缶工程

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード