技術情報

缶の作り方

溶接缶の製造工程

3ピース缶は、缶胴・上蓋・底蓋の3つの主要部分で構成されています。
2ピース缶の缶胴が打抜き(プレス)により底と一体化して成形されるのに対し、3ピース缶の缶胴部は缶の大きさに切断された一枚の鋼板(スチールの薄板=ブランク)を丸め、その両端を接合して円筒状に成形されます。
缶胴部の接合方法により「半田缶」と「溶接缶」に分類されますが、現在では「半田缶」は市場からほとんど姿を消していますので、ここでは溶接缶についてのみ説明します。
溶接缶は缶胴の接合部(サイドシーム)を、 電気抵抗溶接の中の「シーム溶接」により接合します。缶胴の接合部(サイドシーム)の端面を重ね合わせ、抵抗熱によって融解接合して缶胴部を成形します。
電極には細い銅線を使用しています。
缶胴の接合部(溶接部)では素材のスチールが溶解するのでその表面の酸化が起こり耐食性が低下するため、その部位の腐食を防ぐため内外面とも補正が必要となります。
接合部外面は防錆のためOSS塗料で、内面は防錆と内容物保護のためにISS塗料で補正しています。

様々なサイズがあり、飲料缶、一般食品缶、エアゾール缶などに広く用いられています。

3ピース缶製缶工程(塗装・印刷)

※3ピース缶は、塗装・印刷・製缶がそれぞれ別ラインで行われます。

塗装工程 ※内面、外面で最低2回繰り返します。
塗装工程 ※内面、外面で最低2回繰り返します。
1.シートフィーダ 積み重ねた板を送り出します。
2.コータ 板に塗料を塗装します。
3.シートオーブン 塗装された塗料を高温で乾燥・焼き付けします。
4.シートパイラ オーブンから排出された板を積み重ねます。
印刷工程 ※印刷する色数によって、この工程を数回繰り返します。(コータは最後に1回)
印刷工程 ※印刷する色数によって、この工程を数回繰り返します。(コータは最後に1回)
1.シートフィーダ 積み重ねた塗装板を送り出します。
2.印刷機 2台の印刷機があり、各々のシートにインキを転写して印刷します。
3.コータ 表面に透明のニスを塗装します。
4.シートオーブン 塗装された塗料を高温で乾燥・焼き付けします。
5.ターンホイル 次工程のために裏表をひっくり返します。
6.シートパイラ オーブンから排出された板を積み重ねます。
製缶工程
製缶工程
1.シートフィーダ 積み重ねた印刷板を送り出します。
2.スリッタ 板を一缶の大きさに切断します。
3.溶接機 板を丸めてから溶接します。その後、接合部を補正するために塗装します。
4.オーブン 塗料を焼付けします。
5.ネッカ・フランジャ 缶口をしぼり、縁を外側に出します。
6.シーマ 底蓋または、天蓋を巻締めます。
7.エアテスタ 内面にエアーを吹き込み、漏洩の検査をします。
8.パレタイザ 缶をパレットに積み付けします。

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード