技術情報

代表的な機能性パウチ

スパウト付パウチ

スパウト(注ぎ口)を装着したパウチです。
特に、レトルト用スパウト付きパウチは流動食、経腸栄養剤分野に使用します。
一般的には、スパウトノズル天面にアルミ箔フィルムをヒートシールし、高温殺菌下の密封性を確保しています。

レトルト用スパウト
ジッパー付きスパウトパウチ: 新形態 流動食用パウチ
当社が開発したレトルト対応ジッパー付き流動食用スパウト付パウチです。
ジッパー付きスパウトパウチ: 新形態 流動食用パウチジッパー付きスパウトパウチ: 新形態 流動食用パウチ
特徴
Point 1 折り取りスパウトの採用による作業性の向上

折り取りスパウトの採用により、キャップの回転によりスパウトの先端部を折り取り開口するといった簡単な動作になり、従来のスパウト方式と比較して、作業性が向上しました。

レトルト用スパウト
Point 2 補水時の作業性の向上

補水時に掴みやすく、適度なジッパー開口幅があり、開封性の良いジョイントジッパーを取り付けました。

Point 3 ユニバーサルデザイン
  • 医療現場でも扱い易い形状にするため、角を丸くしています。
  • 排液性向上のため、シール形状及び吊り下げ穴位置の最適化をしました。
バリアスパウト付パウチ
スパウト部にバリア材を付与して酸素バリア性を高めた、世界初のバリアスパウト付パウチです。
ガセットタイプ小口径バリアタイプ
特徴
Point 1 世界初のレトルト対応バリアスパウト付きパウチ

レトルト殺菌対応に特別に開発された小口径スパウトが使用されており、世界初の技術としてスパウト部にEVOH(Ethylene Vinyl Alcohol エチレンビニルアルコール共重合体)を含む多層チューブをインサート成形することにより、外部からの酸素侵入を低減します。主に半固形化濃厚流動食に採用されています。

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード