技術情報

パウチ

フィルム製造工程:代表的なフィルムの製造方法

プラスチックフィルムの製造方法は数種類ありますが、インフレーション法とキャスティング法が最も広く採用されています。

インフレーション法

押出機によって溶融された樹脂を、円形ダイによって円筒状に成形し、連続したチューブ状に押出します。これに通常は空気が送り込まれて徐々に所定の幅のフィルムにまで膨張させ、引取機ニップロールに挟まれて引き取らせます。

インフレーション法
キャスティング法

押出機によって溶融された樹脂を、フラットなダイに設けられた直線状のスリットから押出し、その溶融膜を冷却水の循環するロールで急冷・圧延しながら巻き取り、フラットフィルムまたはシートを成形する方法です。

キャスティング法

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード