技術情報

パウチ

製袋工程

ラミネートされた原反の内面同士を熱で溶融接着させ、所定サイズの袋を製造する工程です。

代表的な製袋形態と用途
  • 【食品用】レトルト食品などの長期保存容器、電子レンジ対応容器等
  • 【非食品用】詰め替えパウチ、医薬品向け機能性容器 等

三方シール袋【用途】菓子、佃煮、煮物、削り節、調味料、冷凍食品、レトルト食品農薬、医療品、ほかスタンディングパウチ【用途】ジュース、甘酒、スープ、キャンディー、煮豆、佃煮、惣菜、調味料、レトルト、食品、詰替用洗剤、ほかガゼットシール袋【用途】茶、コーヒー、味噌、カステラ、ほかセンターピロー袋(ピロー袋)【用途】菓子、茶、コーヒー、味噌、餅、ハム、チーズ、冷凍食品、ほかラベルシール袋【用途】菓子、キャンディー、漬物、煮物、ほか三方シールジップ袋【用途】キャンディー、菓子、とろろ昆布、緑茶、ペットフード、海苔、パップ剤、防虫剤、ほか

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード