技術情報

ペットボトルの作り方

ペットボトルは、一般的には次の2工程で作ります。

  • プリフォーム成形工程: 樹脂を試験管状のプリフォームに成形します。
  • ブロー成形工程: プリフォームを加熱し、金型の中で空気を吹き込んで膨らませてボトルに成形します。

プリフォームの成形工程

プリフォームの成形方法には、インジェクション(射出)成形法、PCM成形法の2種類の方法があります。

インジェクション成形法

樹脂を加熱・溶融させ、あらかじめ閉じられた金型内に高温・高圧で射出・充填し、その後に冷却・固化 させてプリフォームを成形する方法を言います。

金型を閉じる
溶融状態の樹脂を金型へ注入する 一定の冷却期間をおく
インジェクション成形法
樹脂充填後、しばらく射出力を保持する次の射出のため、スクリュー回転で材料を溶かす金型を開きプリフォームを取り出す
PCM成形法

PCM成形法では、ダイヘッドから押し出された樹脂を、キャビティー金型の中に切り落とし、コア金型で圧縮することで、プリフォームを成形します。PCM成形法は、インジェクション成形法に比べて樹脂を低温、低圧にして成形ができます。樹脂の劣化が抑えられる成形法と言えます。
※PCM= Preform Compression Molding プリフォームコンプレッションモールディング の略

押し出された樹脂をカットし、樹脂ドロップを作製します
樹脂ドロップを搬送し金型に入れます
PCM(Preform Compression Molding )成形法
金型(コア)を閉じ圧縮成形します金型からプリフォームを取り出します完成です

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード