技術情報

デコレーション

デコレーション

プラスチックボトルのデコレーションにはスクリーン印刷、凸版印刷、ホットスタンプ、タックラベル、インモールドラベル、シュリンクラベル等が使用されています。

スクリーン印刷
  • 孔版印刷の1種で、スクリーン(紗)を用いた版を使用する印刷方式です。
  • 版上のインキをスキージで掻き、画線部にあるスクリーンの目(孔)からインキが掻き出されて被印刷体であるボトルに印刷画像が形成されます。
  • 他の版式に比較して、厚いインキ皮膜ができるので、独特の質感を得る事ができます。
スクリーン印刷
凸版オフセット印刷
プラスチックチューブは、凸版オフセット印刷(曲面印刷)によって印刷されます。
各色のインキングユニットからインキをブランケット上に順次転写させ、ブランケットから1回の転写でチューブに多色印刷を行います。
凸版オフセット印刷
ホットスタンプ
ホットスタンプは箔押しの一手法で、熱転写箔を型で転写・定着させる加飾方法です。転写箔は、金属光沢や、ホログラム模様など様々な種類があります。
ホットスタンプ
タックラベル
粘着材付きの紙やラミネートラベルです。様々な種類があります。
インモールドラベル(IML)
ボトル成形金型内にプラスチック製の多層ラベルを挿入して、ボトルのブロー成形と同時にラベル融着を行う方式です。ボトルとラベルの段差がほとんどなく、容易に剥がれない美麗なラベルとなります。
インモールドラベル(IML)

関連情報

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード